出張査定はどこでも無料です。
お気軽にご連絡ください。

営業時間 8:00~21:00

関東・信越・東北
0120-804-207

近畿・東海・北陸
0120-340-535

お急ぎの方はコチラ
090-3409-5287
(買取責任者 細川 携帯まで)

関東・信越・東北0120-804-207 近畿・東海・北陸0120-340-535

額絵・掛軸・書画について

応接間や玄関に飾ってある絵画、床の間に飾ってある掛軸、物入れに仕舞ってある 油絵など。
どこの家にも絵画や掛軸は多少なりとも保管してあります。

その油絵や日本画や掛軸がお宝かも知れません。

絵画に関しては古さは、あまり関係ありません。
例えば16世紀以前のヨーロッパの宗教画やロシアのイコンや唐の時代の中国絵画など 古いだけで価値が有る可能性のある美術絵画も有りますが、その様な作品はなかなか 一般のご家庭で所有している可能性は低いので、ほとんどは古くても江戸時代の掛軸や 大正時代の油絵などが最も古い絵画だと思われます。
その位の古さだと古ければ価値が高いというよりも、作者が著名な場合に価値が高い場合が殆どです。

『著名な作家の作品など我が家にはないだろう。』って思っていませんか?
けしてそんな事は有りません。著名な画家もまだ無名な時代に描いた作品を買い易い価格で即売したり、或いはその画家が知り合いの方にプレゼントしたりする事は良く聞く話です。

まずは、我が家の絵画の価値を知りましょう。その上でその作品の身の振り方を決めれば 良いのです。
骨董品買取・マルミに見せていただければ、価値のない作品は『価値が有りません。』とお伝えしますし、価値が有る作品は美術品市場の相場価格を踏まえて査定価格をお伝えいたします。
また、その場で判断し兼ねる場合はきちんと調べて、正確な査定価格をお伝え致します。

著名な作者の絵画作品の場合の価値の判断基準

1

骨董品などの気になっている品物を撮影

まずはその作品が本物か偽物かという点が重要です。
偽物とは言わなくても印刷物や悪意のない複製工芸画やリトグラフや版画、シルクスクリーンなどの同じ絵柄が複数存在する物もあります。
また、リトグラフだから安いという訳でもなく、片岡球子や東山魁夷の様に版画やリトグラフでも高額査定の作家もいます。 横山大観の複製画などで技術的に高度な複製画は、それなりの査定価格が存在します。

2

作品の状態

長い間、応接間や玄関に飾ってある場合、日差しを浴びていたり空気に触れていたり して、シミやヤケ変色や退色、クラック、黴など作品の経年劣化が見られる場合があります。その経年劣化が多ければ多いほど作品の価値は低下します。 例えば状態が良ければ10万円で買い取れる掛軸でも、シミやヤケを落とすのに10万円掛かったとすると、その作品の査定評価は殆どゼロになってしまう場合さえ有ります。

3

絵の題材

作者に拠って人気のある題材があります。
例えば横山大観の《富士》、奥田元宋の《赤》 大山忠作の《鯉》、前田青邨の《歴史画》、村上華岳の《仏画》片岡球子の《富士山》など、その作者の人気のある題材の作品は他の題材の作品より査定価格が高い場合が多いのです。

4

絵の寸法

作品の大きさも査定評価に大きく関わってきます。 概ね著名な作者の場合は大きいほうが小さい作品より高い場合が多いです。 例えば有名作家の作品でも2号サイズなどのごくごく小さな作品は、 相対的な評価は低くなります。 例えば10号作品が100万円でも、2号作品は5万円しかしない場合があります。

絵画などの場合、特にココに注目!

著名な作家の額に
入った絵の場合

著名な作家の額に入った絵(日本画でも洋画でも)の場合、額の裏側に10cmx6cm位の大きさの白い和紙に、作者の名前と絵の題名と判子が押して有る場合が有ります。一般にその和紙の事をシールと呼んでいます。そのシールに書かれている事をお知らせください。

絵に箱が
付属している場合

絵が箱に入って保管してある場合、または絵は壁に掛かっているが箱が仕舞ってある場合、その箱の仕様をお知らせください。例えばダンボール状の紙で出来た箱、青い布張りの箱、薄緑の布張りの箱などです。 また、作品と箱の大きさが合っているかどうかもご注目ください。

額に入った
絵の場合

額に入った絵(日本画でも洋画でも)の場合、版画やリトグラフの場合、絵の左下に鉛筆でシリアルナンバーが記載されています。 また複製工芸がの場合は、額の裏や作品本体の裏側に制作した工房などのステッカーが 貼られています。

箱に入った
掛軸の場合

箱に入った掛軸の場合は、箱の表側には絵の題名、蓋の裏側に作者の名前と判子が 押してあります。お写真をメールでお送りいただく場合は、その部分も写してください。

お電話での
お問い合わせの場合

お電話でのお問い合わせの場合、作者の名前が判別しにくい場合が有ります。その場合は、額に入った絵でも掛軸でも、作者の名前の一部分でも判ればお知らせください。 一文字だけでも判ればお伝えいただければ助かります。

骨董品買取・マルミでは経験豊かなスタッフが、品物を丁寧に拝見して、
時代の判定と現在の骨董市場の相場価格に鑑みた金額を査定させていただきます。

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら