出張査定はどこでも無料です。
お気軽にご連絡ください。

営業時間 8:00~21:00

関東・信越・東北
0120-804-207

近畿・東海・北陸
0120-340-535

お急ぎの方はコチラ
090-3409-5287
(買取責任者 細川 携帯まで)

関東・信越・東北0120-804-207 近畿・東海・北陸0120-340-535

茶道具・作家陶磁器・作家工芸品について

茶道具とは何か?

茶道具は大きく分けて2種類に別けられます。
それはお稽古用と正式なお茶会用です。

お稽古用は文字通りお稽古で使用する 安価な品物で、換金性はあまり高くありません。お稽古用の品物は、例えば桐箱に入ったお茶碗など、茶道具店で新しい状態で購入しても数千円で入手可能です。
その様なお茶道具は沢山まとめて有っても、あまり高額の査定は期待できません。

しかしながら、古いお茶碗できちんとした来歴が記された箱に入って家元の箱書きが有れば、ひとつで数十万~数百万円の品物も存在します。
また楽吉左衛門などの有名な楽茶碗作家の作品ならば、同じく数十万円~数百万円の換金価値が有る場合もあります。

茶道を習われていた方のご遺品などの場合、かなり沢山のお茶道具が残っています。 骨董品買取・マルミ工藝社にご依頼いただければ、その中から価値の高い茶道具を 選び出し、オークションのデータベースを調べて、現在の買い取り価格を査定算出させて いただきます。

また、茶道の先生をされていた方の遺品整理などの際には、生徒さんに形見分けをしたりいたしますが、まずは最初に骨董品買取・マルミにご連絡ください。

一番高く売れる茶道具を選び出し査定させていただきます。
その上で形見分けをされた方がよろしいかと思います。

作家陶磁器・作家工芸品とは何か?

主に人間国宝(重要無形文化財)の作家の作品がこれに相当します。
人間国宝などと聞くと恐れ多く厳めしく感じる方も多いと思いますが、 大げさに考えなくても大丈夫です。
人間国宝とは言え売上を上げて生活をするために、量産した作品も数多く存在しますので、 結婚式の引き出物などに頂いた陶磁器やガラス器などで、人間国宝の陶磁器が 押入れの奥や台所の物入れに眠っていたりする事は良くある事です。

骨董品買取・マルミでは経験豊かなスタッフが、品物を丁寧に拝見して、
時代の判定と現在の骨董市場の相場価格に鑑みた金額を査定させていただきます。

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら