出張査定はどこでも無料です。
お気軽にご連絡ください。

営業時間 8:00~21:00

関東・信越・東北
0120-804-207

近畿・東海・北陸
0120-340-535

お急ぎの方はコチラ
090-3409-5287
(買取責任者 細川 携帯まで)

関東・信越・東北0120-804-207 近畿・東海・北陸0120-340-535
お問い合わせはこちら

骨董品・美術品について

骨董品・美術品は一点だけでも査定の対象になる価値の高い品物です。
「そんな品物は我が家にはないな。」なんて思い込んで居ませんか?

そうとは限りません。ご先祖のどなたかが戦前の中国へご商売で出かけた際に購入した骨董品や、骨董収集家の方が亡くなられた際に形見分けでいただいた掛軸など、知らないうちに高額な品物が家の中に紛れ混んでいるなんて事は意外と頻繁に有るものです。

骨董品買取・マルミ工藝社にご依頼いただければ、紛れ込んでいる骨董品・美術品を見つけ出して買い取りさせていただきます。

骨董品とは何か?

それは一つにはとても時代の古い品物です。
例えば青銅(唐金)で出来た置物などは、昭和の初期の品物でも骨董品と 呼びますが、磁器の伊万里焼などは、江戸中期以前の品物を骨董品と考えますが江戸後期や幕末、明治期のお皿などは骨董品とは言えません。

また備前焼や常滑焼などは江戸時代初期以前の品物でないと骨董品扱いされません。また中国の陶磁器などは、数百年前から同じ製法で連綿と作り続けていますので 模法的な製品が数多く存在します。

美術品とは何か?

それは優れた作家が気持ちを込めて制作した作品や、優れた工房や職人が誇りを 持って世に出した品物の事です。
絵画・彫刻・茶道具の優品、秀逸な工芸作品や刀剣、刀装具、漆芸などです。
その中でも特に時代のある古いものは、古美術品と呼ばれます。

骨董品買取・マルミでは経験豊かなスタッフが、品物を丁寧に拝見して、
時代の判定と現在の骨董市場の相場価格に鑑みた金額を査定させていただきます。

お問い合わせはこちら