出張査定はどこでも無料です。
お気軽にご連絡ください。

営業時間 8:00~21:00

関東・信越・東北
0120-804-207

近畿・東海・北陸
0120-340-535

お急ぎの方はコチラ
090-3409-5287
(買取責任者 細川 携帯まで)

関東・信越・東北0120-804-207 近畿・東海・北陸0120-340-535

ブログ

赤絵と白磁の調和、柿右衛門様式の酒井田柿右衛門(さかいだかきえもん)

鮮やかな大和絵の花鳥図を題材とし、暖色系の色彩と乳白色のたっぷりとした余白による構図は、柿右衛門様式と呼ばれ、代々の酒井田柿右衛門の大きな特徴となっているものです。 初代から15代までの酒井田柿右衛門は、400年近い歴史があります。 肥前国(佐賀県)、有田の陶芸家の家系、酒井田柿右衛門

清水焼の窯元・名跡の三浦竹泉(みうらちくせん)

三浦竹泉は、1854年(安政5年)より続く、京都の五条坂に窯を構えた、京焼の窯元の一つです。 三浦竹泉も初代に始まり、現在は5代まで続き、どの代も京焼の第一人者として活躍しています。 ※写真はイメージです 初代三浦竹泉について 初代三浦竹泉は、畳屋・渡辺伊兵衛の次男として京都に生まれました。

青磁の人間国宝、佐渡出身の陶芸家、三浦小平二(みうらこへいじ)

三浦小平二は、昭和から平成時代に活躍した陶芸家です。 独自の青磁技法に色絵を組み合わせ、質の高い作品を制作しました。 青磁の人間国宝にも認定された、優れた技術を持つ陶芸家でした。 ※写真はイメージです 三浦小平二の来歴とは? 三浦小平二は、新潟県佐渡郡相川町、今の佐渡市に生まれました。

九谷焼の陶工、徳田八十吉(とくだやそきち)

徳田八十吉は、初代は1873年にはじまり、現代は4代目まで続く九谷焼の陶工の家系です。 特に3代目の徳田八十吉は、「彩釉磁器」の保持者、人間国宝にも認定され、今なお高い評価を得ています。 ※写真はイメージです 九谷焼の陶工、徳田八十吉とは? 初代、徳田八十吉は、1873年に生まれ、昭和28年

静岡県の森山焼の陶芸家、松井晴山(まついせいざん)

松井晴山は、森山焼の陶芸家として知られる人物です。 陶芸家の父・寅一に師事し、森山焼の晴山陶房二代当主となりました。 松井晴山の来歴とは? 松井晴山は、1932年(昭和7年)に、静岡県周智郡森町に生まれました。 子供時代は戦争の真っただ中でしたが、高校を卒業した後、陶芸家の父・寅一に

練り上げの技法で多数の作品を残した陶芸家、會田雄亮(あいだゆうすけ)

會田雄亮は、全国各地に陶壁やモニュメントを制作したことでもよく知られ、環境造形の分野でも活躍した陶芸家です。 東北芸術工科大学長を務めた人物です。 會田雄亮の来歴とは? 會田雄亮は、1931年(昭和6年)に東京都に生まれました。両親が山形生まれであることから、戦時中は山形に疎開していま

佐賀県唐津で叩き技法を駆使して唐津焼を作陶した陶芸家、中里重利(なかざとしげとし)

中里重利は、人間国宝であった、12代中里太郎右衛門(無庵)の三男として知られ、無庵が復元した古唐津の技法を踏まえ、端正な茶陶や器に独自の境地を確立した優れた陶芸家です。 13代と共に唐津焼を代表する存在として知られています。 中里重利の来歴とは? 佐賀県の肥前国唐津藩の御用焼物

江戸時代から350年の歴史を誇る金沢の大樋焼の本家、大樋長左衛門(おおひちょうざえもん)

大樋長左衛門は、石川県金沢市で江戸時代から焼き継がれてきた楽焼、大樋焼の本家です。 大樋焼は、飴釉と呼ばれる柔らかくねっとりした茶褐色の釉薬を特徴としており、茶陶作りでは手捏ねと箆削りが大きな特徴として知られています。 大樋長左衛門とは? 大樋長左衛門は、石川県金沢市に始まり、江戸時代

幼い頃から陶芸に興味を持っていた著名な陶芸家、辻清明(つじきよはる)

辻清明は、現代の著名な陶芸家の一人です。 特定の師匠を持たず、各種団体にも属していませんでした。 東京の多摩の登窯にて信楽の焼締の作品を作り続けた陶芸家です。 個展を中心に活動した辻清明の来歴とは? 辻清明は、1927年に現在の東京都世田谷区に生まれました。 四人兄弟の末っ子として

「練上手」の人間国宝、松井康成(まついこうせい)

松井康成の来歴とは? 松井康成は、長野県生まれの陶芸家です。 重要無形文化財「練上手(ねりあげで)」の保持者、人間国宝です。 陶芸において、練上手の技法を集大成し、伝統技術を基盤に、彼独自の現代に新しい陶芸の形を提唱した人物です。 松井康成の来歴とは? 松井康成は、1927年(昭和

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら