出張査定はどこでも無料です。
お気軽にご連絡ください。

営業時間 8:00~21:00

関東・信越・東北
0120-804-207

近畿・東海・北陸
0120-340-535

お急ぎの方はコチラ
090-3409-5287
(買取責任者 細川 携帯まで)

関東・信越・東北0120-804-207 近畿・東海・北陸0120-340-535

栃木県出身の象嵌の陶芸家、佐伯守美(さえきもりよし)

佐伯守美の工房は、栃木県の益子の北の芳賀町にあります。
練込や象嵌を主体とした技法により、佐伯守美の心象風景を作品のなかで表現しています。
佐伯守美の来歴や作風について解説します。

※写真はイメージです

佐伯守美の来歴とは?

佐伯守美は、1949年彫刻家佐伯留守夫の長男として、宇都宮に生まれました。
武蔵野美術大学商業デザイン科を中退し、東京芸術大学工芸科で学びました。
日本伝統工芸展などの各種展覧会で入選し、日本工芸会正会員となりました。
1981年には、それまで勤めていた塙陶苑を退社し、栃木県芳賀町に独立し窯を築きました。国内だけではなく、海外でも紹介され、高い評価を得ました。
その後の佐伯守美は、東京芸術大学の非常勤講師となったり、芸術祭、伝統工芸新作展などの審査員を務めました。

高度な佐伯守美の象嵌技術とは?

佐伯守美は陶器の壺や茶碗、徳利などを製作していますが、特徴的なのは、象嵌技法を用いたことです。
そして、そのデザインには、模様を描いたのではなく、心象風景を描いたことが高く評価されている陶芸家です。
東京芸術大学時代に、韓国を訪れ、象嵌技法による青磁に感銘を受け、象嵌技法に打ち込みました。
象嵌技法とは、陰刻や押印した文様に化粧土を埋め込み、はみ出た部分を削り取って文様を表現する技法です。
韓国では高麗時代から始まった技法で、最盛期は12世紀後半から14世紀初めまででした。
佐伯守美は、卒業制作では、「象嵌壺」を発表し、サロン・ド・プランタン賞を受賞しました。

自然や心象風景を陶器に描き出す、佐伯守美

佐伯守美の作品に描かれる模様は、土によるものですが、幾何模様ではなく、絵画のような自然を描く点に佐伯守美らしさが表現されています。
夕焼けのぼんやりとした色合い、湖面に映る木々のゆらぎも幻想的に表現しています。佐伯守美の場合は、象嵌技法が絵画の域にまで達しているということです。
また、竹べらで絵を描き、掻き落とし、鉄を使った鉄絵という技法も組み合わせ、佐伯守美の作品にはオリジナリティーを感じさせるものがたくさん登場しています。
加えて作品に心象風景を映し出すことに成功しています。

 

佐伯守美の作品も骨董品買取のマルミで高額鑑定を行っています。
栃木県出身の象嵌の陶芸家、佐伯守美も素晴らしい作品を数多く製作しており、その独自性に高い評価が与えられています。

骨董品査定のご依頼はマルミ工藝社にご連絡ください

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら