出張査定はどこでも無料です。
お気軽にご連絡ください。

営業時間 8:00~21:00

関東・信越・東北
0120-804-207

近畿・東海・北陸
0120-340-535

お急ぎの方はコチラ
090-3409-5287
(買取責任者 細川 携帯まで)

関東・信越・東北0120-804-207 近畿・東海・北陸0120-340-535

備前焼の陶芸家、自由な造形論で知られる安倍安人(あべあんじん)

元洋画家であった、安倍安人は、趣味で陶器を集めていたことがきっかけで、現代備前の物足りなさから、自ら積極的に陶芸を始めた人物です。
現代アートプロジェクトにも多数参加し、国内だけではなく、海外でも個展を開催しています。

※写真はイメージです

備前焼作家、安倍安人の来歴

安倍安人は、1938年に大阪府に生まれました。
作陶を始めたのは、1972年からですが、サラリーマン時代に焼物の魅力に取りつかれ、志野を焼くために美濃市に土地を購入したことがきっかけです。
愛媛に住んでいた頃、岐阜県との往復でしたが、岡山に立ち寄った時に、寒風陶芸の里の開発計画を知ったため、この地に住みました。
そして、1986年に岡山県牛窓町に窯を築きます。その後も、美に関する豊富な知識をもとに、備前、伊部、緋襷などの作品を、自由な造形論を武器として、精力的な作陶を続けています。
島根県横田町にもアトリエを持ち、大胆で繊細な安土桃山期の「古備前」をそのままに継承しています。

元洋画家であった、安倍安人

安倍安人は、元洋画家としても知られていました。
サラリーマンとしても働いていましたが、趣味で陶器を集めていました。
備前焼にも出会いましたが、現代備前には物足りなさを感じていました。そこで、自ら納得できる陶芸を目指し、1972年より作陶を開始しました。
安倍安人は、ろくろ成形でヘラを使った作陶を行っています。その作品は、水指、花入、扁壷、鉢、徳利、酒呑など、日常生活でよくみられる作品が多くなっています。
作陶の方法そのものは、桃山時代の古備前に重きを置いており、焼成方法にも古備前を踏襲し、徹底したこだわりを持っています。

現代アートプロジェクトにも積極的に参加する、安倍安人

近年は、安倍安人は、陶器や漆、油彩、ブロンズといったさまざまな素材と技法を組み合わせた、「ミクストメディア」と呼ばれる作品を発表しています。
表現活動に幅を持たせ、多彩な技法により、陶芸に留まらず、様々なジャンルで創作活動を続けています。
専門の古備前の分野にもよい影響があり、ニューヨーク・メトロポリタン美術館、スイス・アリアナ美術館などに作品が所蔵されています。
また、IAC(国際陶芸学会)会員としても活躍し、東京、大阪、ニューヨーク、パリなどでも個展を開催しています。

 

安倍安人の作品も、古備前の魅力をさらに魅力的に表現すべく、伝統にとらわれず、新しい表現活動を行い、国内・海外の両方から高い評価を得ています。
骨董品買取のマルミでも安倍安人の作品の鑑定を積極的に行っています。

骨董品査定のご依頼はマルミ工藝社にご連絡ください

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら