出張査定はどこでも無料です。
お気軽にご連絡ください。

営業時間 8:00~21:00

関東・信越・東北
0120-804-207

近畿・東海・北陸
0120-340-535

お急ぎの方はコチラ
090-3409-5287
(買取責任者 細川 携帯まで)

関東・信越・東北0120-804-207 近畿・東海・北陸0120-340-535

岡山備前焼の人間国宝、伊勢崎淳(いせざきじゅん)

伊勢崎淳は、備前焼の陶芸家で、伊勢崎陽山の次男として、岡山の備前に生まれた陶芸家です。
人間国宝にも認定され、備前焼の陶芸家のなかでも存在感のある陶芸家として知られています。

Ceramic※写真はイメージです

伊勢崎淳の来歴とは?

伊勢崎淳は、1936年に伊勢崎陽山の次男として、岡山県備前市伊部に生まれました。兄は陶芸家の満です。
幼い頃から陶芸を学ぶ機会に恵まれ、岡山大学教育学部特設美術科を卒業しました。その後、陶芸の道に進んでいます。
伊勢崎淳の作品は、花器、皿、茶陶の他、陶壁、オブジェといった伝統を踏まえた作品や造形を重視した作品にまで幅広く取り組みました。
1960年には、兄の伊勢崎満と共に、姑耶山古窯跡に中世の半地下式穴窯を復元することに成功しました。
成形や焼成を重視しており、素材や窯の特徴をうまく活かし、現代感覚にあふれる作風が特徴です。
日本工芸会正会員、岡山大学特設美術講師、岡山県重要無形文化財保持者、2004年には、国指定の重要無形文化財保持者となりました。

兄・満とともに築いた半地上式穴窯

伊勢崎淳は、1961年父が死んだ後に、兄と共に半地上式穴窯を築きました。
初窯を出して、東京、名古屋、大阪にて兄の満と共に、二人展を開催しました。
備前焼レリーフ作家として、茶陶に注力しましたが、一方で現代的な感覚による陶壁、石彫、オブジェを製作しています。
陶芸家の父、伊勢崎陽山にも学んだことで、早くから斬新な備前焼の作陶を行うことができました。

備前焼と人間国宝

備前焼は、釉薬を使わずに長い時間をかけて焼き締める伝統的な技法を採っています。
備前焼は、土肌の渋い味わいが人気で、2週間にも及ぶ焼成で発生する窯変による、青灰色や褐色、緋色などの多彩な色の変化が、作品に見事な彩りを添えてくれます。
あくまでも偶然性と陶芸家の意図の融合により、どこにも見られない作品が誕生します。
備前焼の分野での人間国宝は、伊勢崎淳を含めると4人しか認定されていません。
伊勢崎淳は、伝統的な茶器も作陶しましたが、一歩進んで斬新なオブジェ、インスタレーションにまで及び、大胆なフォルムによる作品を毎年発表し続けています。

岡山備前焼の人間国宝、伊勢崎淳の作品も骨董品買取のマルミで高額鑑定を受け付けています。
伝統と現代感覚の融合を楽しむことができる伊勢崎淳の作品は、人気も評価も高いものが多くなっています。

骨董品査定のご依頼はマルミ工藝社にご連絡ください

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら