出張査定はどこでも無料です。
お気軽にご連絡ください。

営業時間 8:00~21:00

関東・信越・東北
0120-804-207

近畿・東海・北陸
0120-340-535

お急ぎの方はコチラ
090-3409-5287
(買取責任者 細川 携帯まで)

関東・信越・東北0120-804-207 近畿・東海・北陸0120-340-535
お問い合わせはこちら

ブログ

樂焼とは、樂吉左衛門(らくきちざえもん)を知ること

樂吉左衛門は、千家十職の一つです。 楽焼の茶碗を作る茶碗師であり、樂家は450年以上受け継がれている名称です。 樂家の始まりは、初代長次郎の妻の祖父、田中宗慶が豊臣秀吉から聚楽第の一文字「樂」の黄金の印を与えられたことに由来しています。 ※写真はイメージです 樂焼のルーツとは? 樂焼は、1

山口県萩市の陶芸家の名跡、坂高麗左衛門(さかこうらいざえもん)

400年の伝統を受け継ぐ、山口県萩市の萩焼の窯元、坂高麗左衛門です。 2014年に当主だった13代が死去したことで、次の坂高麗左衛門を襲名するのは誰なのかが注目されています。 ※写真はイメージです 坂高麗左衛門とは? 坂窯は、毛利輝元により萩に移り住み、兄李勺光と共に萩焼を始めた朝鮮人陶工の

栃木県出身の象嵌の陶芸家、佐伯守美(さえきもりよし)

佐伯守美の工房は、栃木県の益子の北の芳賀町にあります。 練込や象嵌を主体とした技法により、佐伯守美の心象風景を作品のなかで表現しています。 佐伯守美の来歴や作風について解説します。 ※写真はイメージです 佐伯守美の来歴とは? 佐伯守美は、1949年彫刻家佐伯留守夫の長男として、宇都

色絵金銀彩で独特の感性での表現を行う、前田正博(まえだまさひろ)

前田正博は、ユニークで常識を覆すような斬新な新しい作風で、色絵表現によりデザインを楽しむ独特の雰囲気、さらには触った質感も他にはない手触りで、目で見ても、手で触っても楽しめる作品を作っています。 ※写真はイメージです 前田正博の来歴とは? 前田正博は、1948年に京都府で生まれました。東京藝術

陶芸の普及に注力した、陶芸家島田文雄(しまだふみお)

島田文雄は、中国・宋代の青白磁から始まり、釉下彩の彩磁に取り組みました。 進化する青白・彩磁をもとに、現在は、チャイナペインティングにまで表現領域を拡大しています。 ※写真はイメージです 島田文雄の来歴とは? 島田文雄は、1948年に栃木県佐野市に島田隆の四男として誕生しました。

長野県出身の異色陶芸作家、野崎遊河童(のざきゆうがどう)

野崎遊河童は、長野県出身の異色の陶芸作家として知られています。 本名は、野崎喜一です。日本異色作家展理事を務めるなど、陶芸界の中でも異彩を放つ人物です。 ※写真はイメージです 野崎遊河童の来歴とは? 野崎遊河童は、1947年長野県の飯田市に生まれました。栃木県足利市に入山窯を築いたり

備前焼の陶芸家、自由な造形論で知られる安倍安人(あべあんじん)

元洋画家であった、安倍安人は、趣味で陶器を集めていたことがきっかけで、現代備前の物足りなさから、自ら積極的に陶芸を始めた人物です。 現代アートプロジェクトにも多数参加し、国内だけではなく、海外でも個展を開催しています。 ※写真はイメージです 備前焼作家、安倍安人の来歴 安倍安人は、1938年

政治家の他、陶芸家としての顔を持つ、細川護熙(ほそかわもりひろ)

細川護熙は、日本の政治家で内閣総理大臣にもなった人物です。 政界引退後は、陶芸家や茶人として活動しており、神奈川県の湯河原の邸宅に、工房と茶室「不東庵」を設えています。 細川護熙の陶芸家としての来歴 細川護熙は、東京都出身で、上智大学法学部を卒業しています。すでに78歳を迎えています。

熊本生まれ佐賀県在住の陶芸家、小川哲男

熊本生まれ、佐賀県在住の陶芸家、小川哲男は、熊本県天草市に生まれた後は、天草、熊本、佐賀と移り住み、陶芸歴は55年以上に及んでいます。 今なお活躍を続ける日本を代表する陶芸家として知られています。 ※写真はイメージです 陶芸家、小川哲男の来歴 小川哲男は、1955年に有田工業高校を卒業し、京

岡山備前焼の人間国宝、伊勢崎淳(いせざきじゅん)

伊勢崎淳は、備前焼の陶芸家で、伊勢崎陽山の次男として、岡山の備前に生まれた陶芸家です。 人間国宝にも認定され、備前焼の陶芸家のなかでも存在感のある陶芸家として知られています。 ※写真はイメージです 伊勢崎淳の来歴とは? 伊勢崎淳は、1936年に伊勢崎陽山の次男として、岡山県備前市伊部に生まれ

お問い合わせはこちら